五月人形を選ぶなら、伊達政宗兜飾りセットがオススメです!

五月人形 人気

五月人形で一般的に人気があるのは、久月、高島屋、ディズニー、赤ちゃん本舗、東京玩具 shop、イオンで購入といった感じです。大型店では、割と安価な相場にしているので購入しやすいのですね。

人気の五月人形の売れ筋相場は、10万円〜15万円くらいですが、鎧兜、子ども大将、童人形、金太郎人形など種類も色々ありますので、相場はあってないようです。気に入って納得のできるものならそれで良いと思いますが、一生に一度購入する大切なものですから、「安く購入できたが、難があった」なんてことの無い様に信頼のある店舗で購入しましょう。「一般社団法人 日本人形協会」に加盟し「適正表示優良店看板」制度の認定を受けているお店が安心です。

ここでおすすめしたいのは、260年の伝統技法を継ぐ真多呂人形です。 上賀茂神社から木目込み人形の正統伝承者として認定を受けた二代目金林真多呂は、五月人形だけでなく、ひな人形、浮世人形など数多くの素晴らしい作品もあり、技術と品質は超一流です。武者人形は、勇ましさの中に愛らしさも兼ね備えていて、ずっと眺めていても飽きない魅力と深い味わいがあります。

鎧兜もおすすめです。全国で十人ほどしか残っていない甲冑師の一人、加藤一冑が手がけています。忠実な時代考証を元に、実物を再現できる有数の名工です。うっとりするような技術の傑作に頼もしい男の子の成長を願うにはピッタリです。


五月人形を選ぶなら、まずコチラから

五月人形 いつから

五月人形 いつから飾るのが正しいのでしょう。 男児の健やかな成長の願いを込めて飾るこどもの日は節句です。節句は季節の節目に行われるものですので、春分の日から4月中旬くらいの間に飾るのが良いでしょう。早すぎても遅すぎてもおかしいですので、遅くても4月中には出しておきたいですね。

反対にしまう日は、空気が乾燥したお天気の良い日が望ましいです。湿気と一緒にしまいこむと、カビの原因になるからです。梅雨に入るとお天気も不安定になりますので、5月中旬くらいにしまうようにして下さい。

ずっと大事に飾って、お子様のたくましく健やかな成長を願っていきたいですね。


端午の節句の起源って?