足の爪水虫

足の爪水虫は厄介です。痛いという症状も無いので、異変を感じても放って置く人が多く、進行が進んだ時には爪がはがれてしまいます。それに普通の水虫と一緒で、原因は白癬菌ですから次々にうつるのです。足の爪水虫から手にうつってしまったという例もあります。

見た目に美しくないので、早く治療しましょう、治療が早ければ早いほど完治も早くなります。素足でサンダルを履く季節には綺麗にしておきたいですね。

治療が出来る病院は、皮膚科になります。塗り薬では有効成分が爪の中まで届かないので効果がありません。だから市販の普通の水虫用の薬では治らないのです。だから皮膚科では飲み薬が頂けます。でも、副作用があり、肝臓に疾患のある方は飲めません。

また、1週間に1回とか定期的に副作用の経過を見るために病院に通う必要があり、面倒です。レーザー治療という方法もありますが、そこまで治療費をかける方は少ないようです。^^

爪水虫 薬

薬も普通の水虫用では効かないし、飲み薬も副作用がネックになります。では、治療をどうやってすれば良いかというと、爪水虫用の薬を使えばいいのです。

でも、残念ながら、日本では処方されていませんし、ドラッグストアにも販売されていません。あるのはアメリカです。アメリカではネイルサロンで一般的に売られているそうです。

その中でも一番人気なのは、ドクターG'sクリアネイルです。これは、ネット購入できます。圧倒的な浸透力で爪の中にまで有効成分が入り、白癬菌をやっつけてくれるそうです。治療費もこの薬代だけで済みますから、病院へ通ったりレーザー治療を思うと本当に安くて助かりますよ。


>>>おすすめの爪水虫用塗り薬「Dr.G's クリアネイル」はコチラ <<<